魅力たっぷりの「陶器」についてご紹介!

陶器は電子レンジにかけても大丈夫?!

陶器は電子レンジにかけても大丈夫?! 陶器は電子レンジにかけない方がいいです。たまたま知らないでレンジにかけてしまったけれど、大丈夫だったからとその後もかけるのは危険です。
陶器は水分のある食材を入れていると、その食材の水分を吸収してしまい、部分的に電子レンジの急激な高温の変化があって調味料や油などが陶器に染み込んだり、染み込んだところが熱を帯びて割れてしまったりします。
電子レンジに適した容器は、レンジ対応のシール製品やレンジ対応のガラス以外では、磁器が適しているといえます。
磁器は高温で焼いて作るので、表面がなめらかで緻密にできています。そのため、吸水性がほとんどなくレンジによる加熱にも対応できるのです。
陶器も高温で焼いていますが、多孔性の性質から液状のものや水分を吸ってしまうので急激な温度変化に対応できないといえます。
高温で焼いているもの同士ですが、吸水性の有無でレンジに向いているものと向いていないものとに分かれますのでご注意ください。

陶器の正しい取り扱い方法

陶器の正しい取り扱い方法 陶器と言っても、様々な種類があります。表面がガラス質でコーティングされているものや、土の質感がそのままのもの、金や銀などが使用されていて取り扱いに注意しなければならないものなど。
購入時に、取り扱い説明書を同封してくれる時もありますが、きちんと保管している方はあまりいないです。取り扱いについて、どんな陶器にも共通していることは、まずしっかり乾燥させること。高台と呼ばれる、器の裏側までしっかり乾燥させてから食器棚へ片付けましょう。
そして、陶器は使用しているうちに、普通の食器洗いでは落ちない汚れがついてきます。良く目にするのが湯のみやマグカップに茶渋やコーヒー・紅茶の色移りがあります。
そんな時は、キッチンハイターなどの漂白剤に説明書通りに浸けておきます。大体の汚れは綺麗になります。
金や銀が使用されているものは、電子レンジや食洗機にはかけてはいけません。その他にも、電子レンジや食洗機不可と記載されているものもあります。
長く安全に使用する為に、注意事項などを良く読んで購入しましょう。